責任が重く多忙なイメージの監理技術者。その実態は?

監理技術者にとっては、工期の遅れや現場の人間関係の不協和音が命取りになります。

資格は大事ですが、実際は取得後からが苦労のスタート。

現状をお話ししておきましょう。

●資格取得後に立ちはだかる多くのハードル。

監理技術者は資格を取得するまでがたいへんですが、取得後に現場に立ってからは、別の意味での苦労やハードルが待っています。

管理技術者の仕事は、建設現場における施工法や職人の技術が適正に使われているかをチェックし、管理監督することにあります。

しかし資格を取得したから指導や命令をすれば、その通りに現場が動いてくれるというわけではありません。

自分より年上の技術をもつ職人や管理者と、どうやって対等以上の人間関係を結ぶか、それが最大の難関になります。

●人間関係をどう結ぶかがキーポイント。

しかも監理技術者の仕事は、単に現場を見回って管理監督するというレベルではありません。

施工スケジュールや資材の搬入、施工法についての打ち合わせ、アクシデントへの対応など、すべての監督責任を負います。

現場は職人気質のベテランと、施工管理技士や主任技術者との共同作業です。

人間関係を良好に結べなければ、いくら監理技術者が総合監督だとしても、まともな進捗ははかれません。

●監理技術者は有資格者ではありますが、結局のところは本人の人間性とリーダーシップのあり方が重要になります。

世の中の仕事は、資格だけでうまくいくものではありません。

苦労の多くは、そうしたことへのストレスと、現実の中での遅れや責任問題にあります。

監理技術者の資格は1つの手段にすぎないことを知っておきましょう。